婚活と割り勘 デート代はどうするか?

婚活と割り勘 デート代はどうするか?

男性のあなたへ

あなたが思うよりも「お支払いを、どうしてくれた」という事に、女性の意識や関心が、ずっと強くある事を絶対に忘れないでください。

お見合い時のお茶代は、なんと!
こんな時代ではありますが(どんな時代?)男性にお支払していただく、ルールになっています。

その後、お互いに○のお返事の場合には、男性からのファーストコール(電話)を経て、初めてのおデートに突入します。

お見合い後、2度目に会うデート、「ランチだけ」「ディナーだけ」「お茶だけ」というのが主流です。お見合いで、一度しか会った事のない方と、いきなり丸1日過ごす事は、互いにストレスに感じてしまうことを避ける為でしょう。

でも、お二人が行かれたいのでしたら、USJでも水族館でも、丸1日デートに行かれたら良いのです。だって、それで上手くいった人も沢山いるのですから…

そこで、発生するのが、「ワリカン」するか否か???ですね。
お見合いの時のお支払いのルールはありますが、その後のお支払いについてのルールはありません。

ハッキリ言って、「ワリカン」に「スムーズなワリカン」などありません。
「ワリカンで良いんじゃない?」という男性はあるアンケートによると、6割にのぼりました。けれど、同じアンケートで、「デート代を支払ってくれたら、とても嬉しい」と答える女性は8割以上。
このアンケートでも分かる様に、ワリカン族が増えた今だからこそ、あなたが、確実にライバルよりも一歩リードするチャンスです。

今まで結婚出来なかったのです。

気に入った彼女の心をゲットする為に、乗り越えなければならない大切な事が、他にも沢山あるのに、そんな所で、チマチマと小銭を請求したり、釣銭を彼女に渡したり、又は彼女の遠慮がちに出した1000円、2000円を何となくつかみ、財布に入れる姿は、格好悪い以外の何にも、正直見えないのです。そんな所でつまづいている時間はないのです。

カッコ良く、パッと出して、サッと行くのです。

こだわりを捨てて、勇気を出して、失う物など何もない。
カッコ良くサッと誰よりも先に伝票を取り支払って下さい。彼女がトイレに行っている間に、スマートにお会計を済ませられたら100点満点です。

テーマパークも2人分は結構かかりますが、お仕事しているあなたなら、彼女の笑顔の為に、何とか頑張って下さい。そんなに何度もテーマパークに行く訳ではないのですから。
背伸びして、痩せ我慢して、見栄をはるのも、結婚が決まるまでの交際は3ヶ月。長引いても6ケ月のこと。

これから何年も交際する訳ではないのです。

女性は、ランチの1000円2000円が「助かる」と思っている訳ではありません。「こんなに大切に扱ってもらった。」「大事にしてもらえた」「ご飯を御馳走してもらえた」そこに自分の価値がある様に感じて、ホッと安心するのです。

男性の方が明らかに多く食べたり、飲んだりした居酒屋でも、微妙な金額を受け取ったり、請求したりするあなたには、気持ち良く楽しく飲んで、芽生え始めた、恋心の火も吹き消してしまっています。

男性の中には、自分が「財布だと思われたくない」「出してくれるし、行こうとか思われるのがイヤ」という男性もおられます。そのキモチは分からなくもないですが、でも…女性はちょっと気になってきたあなたに、ご馳走して欲しいのです。これから好きになってゆきそうだから、お会いしているのです。

これから、好きになっていってもらいたいのです。
だから、ホワーっとした「女に生まれて良かった。幸せ~」「キュン!」くらいの、満足なキモチにさせてあげて、デートを男らしく締めくくってくれたら、私はとても嬉しいです。


★Ring the Bell 無料個別説明会★



女性のあなたへ

ワリカン時代がやってまいりました。
とてもシビアな時代です。


ということで、ワリカンかワリカンでないか…

そこに女としての自分の価値を重ねようとすることは、あなた自身の為にも絶対にやめましょう。一番大切な事を見失ってしまいます。

大切な事は、男性がワリカンなのか否かよりも、その男性がどんな人なのか?一緒に生きてゆける人なのか?ということです。おごるもおごられるも、結婚したら財布は大抵一緒になるのです。

それまでのお話しです。

確かに「もっと素敵な女性だったなら、オレおごるけどね!」って男性もいるかもしれない。

けれど、最近の男性は、ワリカンしてても、決してあなたの事を好きじゃない訳ではないのです。

お食事が終わった時に、「このお店、ワリカンにしよう」と思いやりの気持ちを勇気を出して伝えると、男性から「この子、すごく良い子だな…」と思ってもらえます。

イケメンではなくても、ある程度スッとしていて、年収も400万~の、30代40代の会社員で、結婚相談所で婚活しているなら、結構女性からの人気が高いはずです。

男性におんぶにだっこの女性より、ホッと安心させてあげらるあなたは、他の女性よりも、一歩リードすることも出来ます。

このワザは、男性に対して、それでもワリカンにするか否かの、引っかけ問題ではありません。気に入ったお相手への思いやりです。

6割以上の男性が、「もうワリカンでもいいんじゃない?」と思っている以上、そのお会計はワリカンになる確率も、同じだけあるでしょう。
ならば、自分発信で言ってしまえば、気に入ってもらえるし、愛をはかって傷ついたりしなくても良いし、一石二鳥というわけで、本当におごってあげたい!と思っている男性なら、それでも「僕が支払いますヨ。お食事くらい気にしないで」って言って下さいます。

食べた後で、女性の方から「ここの会計はワリカンにしない?」そんなお相手への思いやり、使ってみてくださいね。