結婚相談所に来られるのはどんな方?

結婚相談所16年目になりました。

今日も素敵な週末を過ごされましたか?結婚相談所に来られる方は、ひとくくりに出来ません。道を歩く人々を圧縮した様な感じです。

今日は朝からのカウンセリング、20代の男性でした。彼が結婚相談所に来られたのは、キャバクラがコロナでやっていないから、恋を探す手段がなかったからでした。一見チャラくも見えるし、彼女が途絶えたこともない。人は見た感じとは分からぬもので、彼は自分に自信がないと言うのです。自信がないゆえに、彼女に嫉妬する。多くの傷つく要素ばかり受け取る。「もうこの彼女じゃないかもしれない…」と思っていても、ひとりになるその期間がさみしくて別れる事を決断する事も出来ない。1から恋愛する事にも疲れた。

「誰しもみんな1人で生まれて、1人で逝くんですよ。つき合っていても結局はいつも1人ですよ。」「つき合う定義は誰がいつ決めたか分からないけれど、何の効力もない。つき合い方は自由だし、心の繋がる人と親密になって信頼関係を築く中で、ふさわしい人と必然的に結婚してゆくんじゃないかな?本当に〇〇くんがそれを望んでるなら、その未来を信じてるなら。」

私たちの人生は、桜の花の様に儚い。限られた時間しかない。老後よりも大切な事は、人に喜んでもらえる仕事をし、バランス良く食べて運動し、心の繋がる人と愛し合い、今を一緒に楽しめる人がいるなら素晴らしいし、心から本当にそれを望み、心の中も外も、発する言葉も「心繋がる誰かと手を繋いで生きて行きたい」と、あなたの思考が全部統一してそこに向かって矛盾なき行動が出来たなら、気がつけば望みの場所できっと立っているはず。

「やっぱり仕事が一番…」「やっぱり自分は1人が向いている…」「結婚しても、ろくな事を聞かない」「ラク」「ひとりが自由」「誰かと生きるはめんどう」「親が気になる」「自分が誰かと一緒になるなんて想像出来ない」なら、いくら意識のあるところで、恋人が欲しい欲しいと言っていても、あなたの想いはあちらこちらに行ってしまって届かないし、上記の願いはある意味叶えられている。タクシーの運転手に「あっちだ」「こっちだ」「間違えた」と指示するようなもので、いつまでたっても目的地にたどり着けない。

だからこそ、自分の望みがどこにあるのか、それが一番大切な事。

私たちの願いは、自分が思うより強い力で叶えられる。意図せずとも運ばれる。そういう風になっている。青年よ大志を抱くのだよ。あなたの願う通りに見る世界はつくられる。自分をほめてあげて、ある所を見てあげて、大切にしてあげて。ならば他人も許せるようになる。あなたは可愛いしイケメンだし、モテるし、前向きだし頑張り屋さんですよ。他人に求めるでなく、自分で自分に常、言ってやるのだよ( *´艸`)

私は有名人でもないし、別にナニモノでもなく、誰とも何も変わらないのに、男女関わらずコアなファンがいてくれる。最近それを伝えてくれる方がチョコチョコおられて、とても嬉しい( *´艸`)
そして…今日もコアなファン様からのご紹介で2名の男性が来てくださった。1人では来れないからとお友達が付き添われ、とてもユニークで面白く心の広い方で、結婚したことがないけれど、子供が二人までいてる方なら自分の給料で養えるからOKだと…言うお話が印象的でした。素晴らしいです☆色んなお考えの方がおられますね。何が良いも悪いもないけれど、私としてはとても素敵な広いお気持ちの持ち主だと思います。

何はともあれ、ご縁は宝物です。焦らず急がず、相手をよく知り、人生を共に楽しみながら信頼関係を築いてゆく中で、結ばれることになったなら素敵な事だと思います。これからはzoomでのカウンセリングです。人のお役に立つ事は、とても難しいと思うけれど、今日も最後まで私のお役目を果たしていきたいと思います( *´艸`)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事