人を恨まば…穴はひとつ???

昔の人は、

「人を恨まば穴2つ」

とよく言ったようですが…

 

2つではないそうです。

 

正しくは…

「人を恨まば穴1つ」

だそうです。

 

(;'∀')

 

何かに書いてあったのですが、

とても…

なるほど

思いました。

 

他人の行動に対して

他人の言葉に対して

「許せない」

と感じた時に、

「何か意地悪をして仕返ししてやろう」

と思ったとします。

 

 

本当に仕返しをしても

仕返しせずとも

ただ…

許せない!

思いを強く持っていても…

 

 

そうしたら…

そのネガティブな感情で

ますます

相手ではなく…

自分が穴に落ちるそうです。

 

 

こわいですね…

 

 

えっ

傷つけられたのに?

えっ

裏切られたのに?

えっ

あんなことされたのに?

えっ

あんなこと言われたのに?

 

 

腹を立てて

傷ついて

相手を憎んだら…

 

 

又自分が穴に落ちるの???

 

 

泣きっ面にハチ

ですよね。

 

 

((+_+))

 

 

あなたに対して

相手がしたことで、

何もあなたが

仕返しせずとも

何もあなたが

手を下さなくとも

相手には天罰が下るそうです。

 

 

しかしながら…

天罰が相手に

下らない事もあるそうです。

 

 

それは、

あなたは傷ついたり

不快な思いをしたかもしれないけれど

その相手にとっては

その事をネガティブな感情で

したわけではない。

 

そういう時だそうです。

 

例えば…

昔お昼休みにみんなで

テレビを見ていて…

 

 

ぶりっこで有名なサトウタマヨさん

と言う方が当時おられたのですが、

その人を見るのも嫌だと言う、

30代か40代か忘れましたが

女性がいました。

 

 

「イライラする!チャンネル変えて!」

顔をひん曲げて怒っていました。

 

 

そうしたら…

一緒になって

嫌だ嫌だと言っている人もいました。

 

 

という事で…

その女性がいくら

サトウタマヨさんに

不快な思いをさせられた!

と思っていても、

サトウタマヨさんが

(こいつに不快な思いをさせてやろう!)

と思っているわけでない限り

 

 

当たり前ですが…

サトウタマヨさんに

天罰は下らないのです。

 

 

イライラしながら

激怒している女性には

ネガティブな感情があふれ出していて

その感情でいる限り

またもや…

その感情が…

ネガティブの穴を掘り

そして自分が落ちるだけ。

 

 

なのだと言うのです。

 

 

 

へー!

です。

 

 

 

((+_+))

 

 

 

わたしはよく考えてみました。

周りも自分もよく見てみました。

 

 

 

【許せない!】

人ほど穴に落ちることを。

 

 

 

私は、ネタとしてよく使いますが…

 

人生で一番最初

付き合った人に

フラれました。

 

簡単に言うと…

 

クラスで一番

仲良しだった

友達に夏休みの間に

とられました。

 

 

でも…

私は「とられた」

とは

思いませんでした。

 

 

あれま…

自分が二人の仲を

邪魔していたのかな…

 

 

あれま…

そんなに

好きだったんだな…

 

 

あれま…

つきあってたのに

一緒にいて

そんな事にも気づかなかったよ。

 

 

と思ったのです。

 

 

その時は

他にも色んな思いが

あったかもしれないけれど…

 

 

 

友達に裏切られた!

彼氏を取られた!

許せない!

 

 

とは…

なぜか不思議ですが…

ならなかったのです。

 

 

 

だから…

わたしすごいでしょ

って言いたいわけでなく…

 

 

 

わたしは

自分の穴を

自分で掘らずにすんだのです。

 

 

 

その時に

その様に感じていたら…

 

 

今、私は常に

付き合っている男性の素行を気にして、

友達にも会わせられず…

 

 

それだけならば

まだマシなこと。

 

 

男性不信だ

友達不信だ

人間不信だ

 

 

となっておれば…

 

 

今の様な世界は

全く見れなくて

穴に落ちたまま

だったのです。

 

 

元彼には…

「無理につき合ってもらってたのかな…」

「他の人が好きだったのに言いづらかったのか…」

友達には…

「友達の彼氏を好きだったら、つらかったろうな…」

「友達にこんなことで謝るの嫌だろうな…」

「一生懸命、手紙書いてくれたんだな…」

 

 

結局はそこに落ち着けて

本当に良かったと

今更ながら思います。

 

 

人を恨んでも

人を憎んでも

人を許せなくても

自分の穴を掘っているだけなら

なんと

苦しいことでしょう。

 

 

それを

自分で

自分を

縛り苦しめる。

そういうことなのだと

思います。

 

 

 

ついつい

私たちは

日常生活の中で、

「許せない」

「なによあの人」

「普通こんなことする?」

「なんか…意地悪じゃない?」

 

 

そんな気持ちに

なってしまうこともあります。

 

でも

本当に意地悪であなたにやったことなら

その相手は自分で自分の穴を掘り、

あなたが何も思わなくても、

穴に落ちているという事です。

 

 

相手が何の気もない

どころか…

逆にまさかの

ポジティブな感情で

あなたにその事を

与えてしまっていたとしたら…

 

 

相手は穴を掘っていないし

それに対して

あなたが恨んだとしたら

あなたは自分で自分の穴に落ちて

その感情に苦しむのは

あなただけだという事になるのです。

 

 

 

当たり前のようで

なるほどです。

 

 

 

前の車にイライラして

自分がイライラの穴に

落ちて不快な思いをしているのと

全く同じです。

 

 

前の車がわざと意地悪で

あなたにイライラさせたとすれば

相手はそのネガティブの穴に

自分で落ちており、

それにイライラしたのなら、

あなたまでも

イライラの穴に落ち、

決して心地よいドライブとは

いかなくなる。

 

 

何でも自分の感情次第で、

心地よい今も

心地悪い今にも

してしまうという事です。

 

 

人間だから…

 

 

イライラも

モヤモヤも

ムキーも

する。

 

 

でも…

すぐに気づき、

またすぐに、

その立ち位置に戻り、

笑顔になったなら…

 

 

行動は…

笑顔をまた作ることになる。

起こる出来事も

また笑顔になれることになる。

 

 

 

良くない循環を

後生大事に持つよりは、

良い循環を

後生大事に持った方が、

自分自身の為になる。

 

 

頑張るんでもない。

心広くでもない。

他人を思いやるでもない。

 

 

ただ自分自身の為に

どんな許せない事も

手放せれば…

 

 

自分自身が

心地よい循環に

入って行ける。

 

 

 

 

それを教えてくれたのだと

私は受け取ったのです。

 

 

人を恨まば

穴は1つ。

 

 

不快に感じたとて

自分の心だけのこと。

 

 

つい…

ネガティブの穴を

掘ってしまって…

 

 

自分で

落ちてしまわぬように

注意したいと

そんな風に思います。

 

心地よく過ごす

それに注目することで、

心地よい週末を過ごせたら…

 

 

 

良いですね。

 

 

( *´艸`)

 

おすすめの記事