損得勘定 何が一番の幸せか?

こないだ彼に会った。

 

 

お昼ごはん

想像以上のスープの美味しさに…

 

「これ大好き!」

 

そんな未来が待ってる

とは知らずに…

 

 

 

メニューが2つだけだったので

同じものを頼みたくない彼が、

さっさと頼んだ。

 

「これ1つずつ」

 

( *´艸`)

 

もう一つは肉メニュー。

 

 

 

肉好きな私

パッと見て

(肉…が良いな…)

 

 

私の前に

なんとなく

麺置かれ…

 

 

まぁ…

とてもオシャレね…

 

 

スタッフさん

照れ屋なのか…

 

 

説明してくれるけど…

なんも聞こえん。

 

 

でも…

わたしはそういうのも

何となく

好き。

 

 

嫌な感じじゃなかった。

 

 

(#^.^#)

 

 

ともかく…

おひとくち。

 

 

 

えっ!

めっちゃ美味しいんですけど…

 

 

 

もくもく…

 

 

 

 

「美味しいの?」

聞く彼。

「あげたくないほど美味しい…」

もくもく。

 

 

「これね、見た目以上に美味しいねん」

「食べてしまわないから、交換しよ」

 

 

はいはい。

 

 

「ほんまやな、想像以上に美味しいな。」

 

 

(*^▽^*)

 

 

やっぱりね…

美味しいのが

わたしの所に

来るようになってるんだな…

 

 

( *´艸`)

 

うまくいくように

なっているのだ。

 

 

どんな出来事も

結果的に

うまくしかいかないのだ。

 

 

スープまで飲み干し…

結局、そっちの肉も

気が済むまで食べて

お会計をしてもらった。

 

 

なんか…

体に良いお茶???

とか

コソコソ

照れ屋さんのスタッフ

説明してくれたから…

 

 

美味しいお茶も

飲み干した。

 

 

 

たっぷん

たっぷん

のお腹。

 

 

 

そのまま

車屋さん。

 

 

コーヒー出してもらって

たっぷんたっぷん。

 

 

そして…

カフェ行って

パン屋さんのセルフ。

 

 

「俺は別にいらない」

って言ってたけど…

せっかく猫型のパン。

 

 

食べないとあかんやろ…

 

 

彼のコーヒー入れてあげて

私の紅茶入れて…

 

 

してる間に…

 

 

なんと

なんと!

「俺は別に…」

と言っていた彼が…

 

 

わたしの猫型フレンチトーストを

かじってあった。

 

 

そして…

丁寧に袋に戻してあった。

 

 

こりゃ!

あんたさんいらんゆうてたでしょーが。

わたしまだお写真撮れてないでしょーが。

 

 

まぁ…

お支払いしていただいたし…

 

 

( *´艸`)

 

 

半分以上はおいてくれてるから

何とかセーフとしましょうか…

 

 

(*´▽`*)

 

 

自分のお仕事もして、

私のお仕事もしてくれた。

 

帰りは…

 

「ここは???」

ファミレス

あんま好きじゃない彼。

 

 

今日はラーメンは

食べたしダメって

言われたから…

 

 

駐車場も停めやすかったし

ジョディパ

 

冷製パスタ

美味しい!!

 

店内貸し切り。

 

ただ…

ビニールのカーテンが

頭にふらふら当たって

気持ち悪いので、

隣に座りに行った。

 

 

ラブラブカップルのようだ。

 

 

もう

おじさんとおばさん

なのに…

 

( *´艸`)

 

今を生きるって

難しいね。

 

 

色々考えてしまう。

 

 

間違えないように

失敗しないように

傷つかないように

損しないように…

 

 

間違えてもいいんだよ

失敗してもいいんだよ

傷ついてもいいんだよ

損してもいいんだよ。

 

 

だって

それが

一番の

人生の経験なんだから。

 

 

それが…

今笑って

今泣いて

今苦しんで

色々感じて

生きてるって

そういう経験

なんだから。

 

 

ひとめ見て、

彼と決めた。

 

 

二度目に会って

つきあった。

 

 

よく考えたら???

考えることで

分かる事なんて

たかがしれている。

 

 

全部経験しなきゃ

分からない事。

 

 

今、彼といる事が

正解かどうかも、

分からない事。

 

 

だけど…

自分が選んだ人生を、

今、生きている。

 

 

色んな事が

あるから。

 

 

そして…

それを

経験しに

自分が動くから…

 

 

それを

生きるって

ゆうんじゃないかと

最近は特に

思うんです。

 

 

誰かが…

何かを…

思う事なんて

関係ない。

 

 

ただ…

自分が生きている。

それだけの

ことだから…

 

 

自分のものを買うよりも

他人の為にお金を使う方が

人は幸せを感じるそうです。

 

 

だから…

おばあちゃんは

私の顔を見る度に、お小遣いを

くれようとしてくれたのかもしれません。

 

 

痴ほうになって

財布を持たされず

誰にも何も与えられず

誰かに何かをお世話してもらって

与えてもらうばかりになって、

「ありがとう」

「ありがとう」

というばかりの毎日で…

 

 

「さっきお小遣いもらったところよ」

「おばあちゃんありがとう!」

もらってなくても…

いつもそう答える私に、

「そうやったかなぁ」

ニコニコ笑って喜んでいたおばあちゃん。

 

 

100歳近くまで生きて、

何日か眠って、眠ったまま、

逝ってしまいました。

 

 

自分に出来る事があること

自分にお金が払えることも

どんなに幸せな事なのか

ひとつひとつ

それをまた誰かの喜びの為に

使う事も出来るとしたら…

 

 

それが一番の

幸せなのかもしれないですね。

 

 

ともかく

それも

自分がちゃんと

立たないとね。

 

 

私もまだまだ

修行中でございます。

 

 

損得勘定

やってしまいます。

 

 

猫のパンもね

たまには出そうと思ったけれど、

レジで彼が、シャキッと立ってたから、

出そうとしてた財布を、

サッとなおしてしまいました。

 

 

( *´艸`)

 

でも…

 

 

 

 

穏やかに

ただ

誰かの幸せになってゆかれる姿を

結婚が決まってゆく

その流れを…

純粋に喜んでいる心も

ここにあります。

 

 

そして

それが

とても

ありがたいと

思います。

 

 

( *´艸`)

おすすめの記事