人生はそういうものなのか…

中学からの親友が、

マスクを作って

送ってくれました。

 

 

 

丁寧に中に入れる

キレまで。

 

 

(TT)

 

笑わそうと

作ってくれた

手の込んだ手紙も

一緒に…

 

 

私も手紙が

書きたくなりました。

 

 

(^O^☆♪

 

 

悲壮な顔をしていても

笑顔で過ごしても

結局同じ1日なら

笑っていたいと

誰しも思うけれど…

 

 

先行きが不安で

笑顔になる事さえも出来ない。

 

 

涙が止まらない

そんな夜もあるでしょう。

 

 

人知れず…

分かってもらおうともせず

悲しみ痛みや不安を

1人抱えて…

 

 

頑張ってきたつもりでも

全てむくわれるとは

限らない。

 

 

そして、私たちは

それを経験する為にやってきた。

 

 

 

 

不安なら不安を堪能し

孤独なら孤独を堪能し

苦しいなら苦しいを堪能し

笑いたくても笑えない

涙の止まらない夜も堪能し

 

 

それが

とても生きる

という意味なのだと

私はいつも思います。

 

 

 

それらがあるからこそ

光が当たり

安心して笑えた

その時は

ビックリするほど

輝いた笑顔が見えるのだと

そういう風にも

感じるのです。

 

 

常に心に、

なんのわだかまりも

抱えずに生きる事も

出来ます。

 

 

けれど、

それもまた

一瞬のこと。

 

 

 

命の中の

一部です。

 

 

 

笑えるなら

笑えばいい

泣けてくるなら

泣けばいい

 

 

 

自分さえ、

知らなかったほど、

頑張ってた自分が

そこにいる。

 

 

 

笑顔になれない

あなたを否定しないで。

 

 

 

そのままを

認めてあげて。

 

 

他人と比べて

卑屈になるあなたも。

 

 

みんなと一緒にいるのに

余計に孤独を感じてしまう

あなたも。

 

 

とても焦ってしまうあなたも

余裕のないあなたも

幸せを感じられないあなたも

思い通りに生きられないあなたも

 

 

決して責めてやらないで。

 

 

こうあらねばならぬ

そんな形はどこにもない。

そんな風に思います。

 

 

 

大根餃子パーティー

とやらが流行ってると…

食べたことないものを

長男が作ってくれました。

 

 

反抗期もあったし、

ちょっと押したつもりが、

ポーンって私が飛んでいった事も

ありました。

 

 

とても悲しかった。

 

 

 

手際良くみんなの為に

作ってくれる姿を見て

夢でも見てるのかと思いました。

 

 

なんか

面白いな…

とも思いました。

 

 

子供って変わり続けますね。

子供だけじゃなく、

私も変わり続けてますね。

 

 

いつもの鈴蘭が咲きました。

とても可愛いです。

 

 

だけど…だけど…

 

 

涙が止まらないほど

悲しい事もありました。

 

 

 

色々ありますね。

どうゆう時もありますね。

ヤッパリ。

人生はそういうもの

なのかもしれないですね。

 

 

おすすめの記事