死ぬまでは生きる、私たちは全員。

むかしむかしあるところに…

 

 

長男が赤ちゃんの時、

パンを仕入れて

車で売りに行く仕事を

2年程していた私がいました。

 

 

朝の5時半か6時半か

まだ眠っている長男を

パジャマのまま抱いて、

車に乗せて、

パンが売り切れるまで

家や会社に、まわっておりました。

 

 

まだ20歳そこそこの時の事。

 

 

2日先の仕入れを、

大量にしているから、

いきなり休むと、

支払いのみ残る。

 

 

休むことも出来ないし、

売れ残ったら、

買い取ってるから、

売り上げが少なくなってしまう。

 

 

暗くなってくるし

売れないし…

赤ん坊の長男を車に乗せて、

泣きべそかきながら、

『パンいりませんかー!』

って声かけてまわった日もあった。

 

 

 

包丁持ったおじさんが、

怒って出てきたこともあったし、

オカキを投げつけられたこともあった。

 

 

 

だって、訪問販売だから。

 

 

 

色んな人がいた。

 

 

 

いつも車に乗せてる

赤ん坊に会うのを

楽しみにして、

パンを買ってくださる方もいた。

 

 

かわいそうだと思って

買ってくださってる方も

おられたと思う。

 

 

その頃の私は

いつも車に

乗っては降りてで、

日に焼けて、

真っ黒けの女の子だった。

 

 

20年以上も昔の話で、

なんだか、おとぎ話を

聞いているよう…

 

 

そんな時に、出会った方が

話してくださったことで、

心に残っている事が、

1つある。

 

 

 

五條市にある

お寺の女性の住職さん?

なのです。

 

 

 

毎週パンを売りに来る私が来て、

その方はお出かけするところだったのに、

いつもの様に沢山のパンを買ってくださった。

 

 

そして…

わたしに、言ったのです。

 

 

『そこに、かけといてください』

 

 

わたし

『えっ!かけとくんですか?

盗まれませんか???

お家に入れとかなくて大丈夫ですか?』

 

 

そしたら…

『盗んでまで欲しい人がおられたら、

もらってくださったら良いから。』

 

 

へぇ…

 

 

なるほど…

 

 

(#^.^#)

 

 

奪われる!

自分が損をする!

損をしてはならない!

奪われてはならない!

 

 

そんな恐怖この方にはないのだと

とても幸せな方の様に感じたのです。

 

 

そして…

 

 

わたしもそんな風であれたら

良いのにな…

と感じたのです。

 

 

それから何年もたち

結婚相談所を開業しても、

赤字は3年続き、

私は生活費が必要で、

保険会社にせきを

置かせてもらっていました。

 

 

 

その時に出会ったお客様の言葉で

すごく残っていることがあります。

 

 

そのお方も、不思議な事に、

五條市の別のお寺の

女性の住職さんでした。

 

 

少し前に入院しておられ、

退院されたところに、

契約内容の確認に

行かせてもらう事になりました。

 

 

その方は80歳を過ぎておられました。

 

 

その方は私に言いました。

 

 

『わたしはね…80歳まで生きてきたけれど、

まだまだ、分かっていなかったことがあったのよ』

 

 

『入院している方のお見舞いに行ってね、

何気なく言っていた、

「頑張ってね」って言葉。

自分が入院して、不安で、ふさいでいて、

そんな時に言われたの。

「頑張ってね」ってその言葉が、

どんなに辛い言葉なのか…

無責任に軽く聞こえるのか…

何も知らなかったのよ…

自分が健康な時には…』

 

 

「そうなんですね…

私はきっともっと

知らない事が一杯ですね…」

 

 

その方は他にも色んな話をしてくださった。

保険に入っていて良かったとも言ってくださった。

 

 

働きながら…

色んな人に会った。

 

 

心無い人の言葉に傷つくこともあれば、

そうやって、心のこもった話を、

見ず知らずの私に教えてくださった方もおられた。

 

 

色んな人が生きる。

まだまだ知らない事ばかり。

 

 

 

挙句の果てに

誰も知らなかった、

良く分らん、

変な菌までやってきた。

 

 

どうなるんだろう…

思いながらも、

どうであっても、

心は穏やかな私がいるのも、

きっとみんなの

おかげ様。

 

 

わたしがスゴイ

わけではない。

 

 

優しい人は

その人だけのせいで

優しい人にはなれない。

 

 

 

意地悪な人も

その人だけのせいで

意地悪な人にはなれない。

 

 

 

どんな人も

その人になる

その過程で

多くの事に出会う。

多くの人に出会う。

 

 

色んな事を

吸収する。

 

 

そして

わたしたちになる。

 

 

良いも悪いも

どこにもないのかもしれない。

 

 

 

わたしたちは

死ぬまでの時間を

与えられていて、

その時間を過ごす。

 

 

 

全員が死ぬまで

それまで

生きる時間がある。

 

 

 

恐れても

楽しんでも

苦しんでも

笑っても

泣いても

いずれ、

最後の時の

その時間を

過ごし続ける。

 

 

 

それまで

どう過ごしたいのかを

どんな気持ちで

過ごしたいのかを

何かを変えてみたいのかも…

 

 

わたしたちは

どんな状況でも

自分で選べる。

 

 

コロナでデートがなかなか出来ない方は、

電話で、お顔見てデートいかがでしょうか?

 

 

今、Lineで顔見て話せる感じの、

あれでちょっと話してみると、

会ってるのに近いから良いと思いますよ。

 

 

ちゃんと化粧して

ちゃんと髪して

面倒???

電話だけでいいじゃん???

 

 

 

いえいえ

すぐ会えるなら良いけど

今は会えないでしょ。

 

 

 

だから、こんな時こそ

ちょっとドキドキの

テレビ電話デート???

(言い方、古いの???)

してみましょうよー。

 

 

ワクワク♪

 

( *´艸`)

 

 

 

こんな時ですし、

無料説明会もzoomでしていくのも

面白いのかもしれないですね。

 

 

月一回カウンセリングも

zoom取り入れたりして。

 

 

 

基本古い人間なところもあるので、

お会いしたいと思ってしまいますが…

 

 

 

ところで、

良いお天気ですね。

自粛中ですが、

わんこの散歩とか、

銀行とか、

サッと行ってまいりましたよ。

 

 

こんな時

お車はとても

お幸せです。

 

 

そして

わんこは

超癒しです。

 

 

 

あなたの癒しはなんでしょう???

見つけてみますか?

もう見つけていますか?

また教えてくださいね。

 

( *´艸`)

 

 

 

おすすめの記事