あなたは何者ですか?そしてわたしは何者ですか?

就活では、見ず知らずの他人の前で、

1分間で自分を表現せよ

と言われることもあるそうな…

 

 

【何者】

1分間であなた自身を説明することが出来ますか?

 

 

もしも…

わたしがそのような質問に答えるとするならば…

どうなのでしょうか?

 

 

 

就活は過酷だと言います。

親までも乗り出して、協力する家庭もあります。

 

 

大学卒業

そのタイミングで、決まらなかった者たちは、

どうなるのでしょうか?

 

 

 

ひとまず

自信を失います。

 

 

 

けれど、就活が上手くいかなくても

人としての価値は何も変わりません。

 

 

その価値を、本当の意味で正確に見たとしたら、

誰一人と面接で、落とす事が出来なくなってしまいます。

 

 

 

会社に反発しない人材。

会社にとって都合の良い人材。

会社にとって利益をもたらす人材。

会社にとって新しい風を吹かせてくれる人材。

 

 

 

どんな理由であっても

ともかく他人の不確かな目で

選ばれたその結果で

わたしたちは自信を失います。

 

 

 

 

何が悪いのだろう

何が欠けているのだろう

 

 

 

 

話し方をもっと

こうしてみようか?

 

着る服を、見た目の印象を

変えてみようか?

 

それは…

前向きな立ち上がり方。

 

 

 

 

わたしなんか…

わたしなんか…

社会に順応できないんだ。

面接が受かる事なんてないんだ。

価値がないんだ。

自分のせいにして落ち込む。

 

 

 

わたしがこうなったのは

何のせい?誰のせい?

環境のせいにして怒る。

 

 

 

婚活にも…

似ていると

思いませんか?

 

 

あなたの価値なんて

知るはずもない他人に

ジャッジされる。

 

 

そんな気持ちになってくる。

 

 

 

ならば…

逆にギャッジしてやろうではないか!?

 

 

 

 

本当の目的が失われてしまう。

 

 

 

 

信じたから、

傷ついた。

傷ついたのは、

過去に期待した自分がいたから。

期待を裏切られて

怒りに変わった。

 

 

 

あなたを切った相手に、

怒りをぶつけていては、

あなたの人生が豊かになってゆかない。

 

 

 

何よりも大切な

あなたの人生。

 

 

 

あなたの心を穏やかにするのは…

出来事じゃない。

環境じゃない。

他人の力じゃない。

 

 

今すぐに

穏やかに幸せに

なる為に

 

 

 

『私を愛して!』

そんな名札をすぐに外して。

 

 

 

いつも見ている鏡に貼ってあげて。

あなた自身が見る度に、目につく場所に。

 

 

『わたしを愛してあげて!』と。

 

 

あなたがあなたの価値を決めるのです。

誰も決める事はできません。

決めているのは、いつもあなた自身です。

 

 

あなたを愛してあげて。

あなたがそこにいる

ただその事が

どれだけ価値のある事か…

 

 

あなたは、何者ですか?

わたしは、何者ですか?

( *´艸`)

 

 

おすすめの記事