気持ちを切りかえる難しさ…まずはあなたの〇〇から。

Ring the Bell counseling room
結婚カウンセラー14年目
心理カウンセラーでもございます。

 

婚活中の方に限りませんが、
心が色々と忙しく、
段々と疲れを感じてくるのは
それぞれではございますが、
3カ月を過ぎたあたりでしょうか…

 

 

他人から見た時には…

 

 

「せっかく独身なんだから、
出会いを楽しんだらいいのよ」

 

 

「せっかくの独身なんだから、
いろんな人と会ってみて
決めたらいいのよ」

 

 

「そんなに引きずっても
仕方ないでしょ…」

 

 

「気持ち切りかえて
前向きに!」

 

 

なんてね…

言うのは、たやすいのです。

 

 

 

誰だって、分かっております。

 

他人には言えても
こうすりゃいいのに
色々思ってみても…
いざ自分の事となると…

 

どよーん。

どよよーん。

ちーん。

 

 

 

最近も色々と
思いめぐらせておりました…

 

 

 

色々あるよねー

 

 

どうもうまくいかないこと。

やってもうまくいかないこと。

重い心。

 

 

婚活する前の自分。

その自分と変わってない。

失ったものもない。

 

 

現状維持。

 

 

元々、ないのに

悩む必要ないんでない???

 

 

 

重い心が

重い現実を呼ぶ。

 

 

 

そのことを

知っていても

重くなっちゃう。

 

 

 

わたしたちには…

思考がある。

 

 

 

 

そこで飛んでる鳥も

泳いでいる魚にも

アリも…

 

 

生まれて

生きて

死ぬ。

 

 

 

思考がないから

悩まない。

 

 

うちの犬ころだって、

悩んでいるのは

見たことがない。

 

 

 

 

でも…

わたしたちは

人間に生まれたからって

ありがたくも悩む。

 

 

昨日の事を、

一昨日の事を、

きっと犬ころは

考えてない。

 

 

と思う…

しらんけど…

 

 

 

でも、人間は

気が付けば

他人にとっては

もうどうでもいいくらい

昔の事を考える。

 

 

 

 

 

1年も

2年も

過ぎたこと、

考えてたら…

 

 

 

 

犬ころに笑われるね…

 

 

 

それでも…

動物は

親が子を

大切にしたりするね…

守ったりもするよね…

 

 

想い悩みはしなくとも

感情?本能?

 

 

今朝の空も

素敵な空でしたよ。

 

 

最近、雲を見るのも

好きになりました。

 

 

あなたの心も

晴れも曇りも雨もある。

 

 

オーストラリアの山火事は

いつまでもおさまっていない。

広がり続けているそうな…

 

 

 

雨が降らないと困るそうな…

でも雨が降らないそうな…

 

 

コアラも死んでしまってるらしい…

 

 

 

わたしたちも

雨があるから

晴れもある。

 

 

曇りや雨のごとく、

もやもやの

いらいらの

その心

見つめる

チャンスの時。

 

 

バカにされたと思う

その心には

自分がバカかもしれないと

自分で思っているから、

刺さる。

 

 

そうでもないと

思っていられたら、

バカにされたと

怒ることはない。

 

 

だから…

上から言われたと

怒る人は

下かもしれないと

自分が思っているから

怒らねばならぬことになる。

 

 

 

だってね、現役?東大医学部?

でありながら、

司法試験にも一発合格した

あの彼の名前は忘れたけど、

他人のコトバに

「バカにしやがって!」と

あの子が怒ることはまずない。

 

 

絶対バカじゃない自信が

自分にあれば、

何言われても気にならないのよ。

 

 

 

あいつ

俺を上から見てる

ってならないの。

 

 

 

だから…

他人の言葉や態度を

自分好みにしてもらえないからと

他人に怒るよりは、悲しむよりは、

先に自分の心を癒した方が良い。

 

 

 

バカだとは

自分が欠片も思っていなければ

バカにされたと

怒る理由がないから。

 

 

あなたのモヤの全てが

あなたを怒らそうとしているわけでなく、

あなたに気付いて癒してほしい

自分自身のその傷の場所を

一生懸命、示しているだけ…

 

 

起きた出来事で、

「わたしなんか…」

と思ってしまうならば

その出来事は

「わたしなんか…な自分」

がここにいることを教えてくれてる。

 

 

お見合いで続けて断られる。

 

 

【わたしなんか…】の傷

を持ち合わせてない人は、

断られても何も思わない。

 

 

 

 

わたしくらいの女になると、

荷が重いでしょうねー!

仕方ないわー!

って叶姉妹ならば言う。

 

 

 

【わたしなんか…】の傷

を持ってるあなたには

その傷を癒さない限り、

そう思わされる現実が

 

 

 

どんどん

どんどこ

あなたに、気付いてもらおうと

やってくるらしい。

 

 

もやもや

いらいら

ドッカン!

しょぼん…

 

 

そんな時に、

自分で自分の

それがそこにあることを

自覚したときに

傷は治り始めるらしい。

 

 

 

 

果たして

自分は

本当に

「自分なんか…」

なのか?

 

 

 

 

そうでもないんじゃないか???

そうでもない部分もあるんでないか???

自分を見てあげて欲しい。

そんな風に思うのです。

 

 

 

 

 

宇宙人はいますか?

の質問に…

 

宇宙人はともかく、

地球外生物はいる。

 

 

というのが…

天文学者の90%以上の方の

お返事だそうです。

 

 

 

そうね…

地球にも人間以外に

一杯の生物がいる。

 

 

地球と同じように、

何らかの生物はいても、

全くおかしくはないのかもしれないね…

 

 

 

楽しめないお見合いも

誰にでもある…

上向いて

深呼吸して…

あなたの良いトコロ

見つけてほめて。

 

 

 

色々感じて

色々考えて…

 

 

 

 

大切な答えと

つかむ未来は

全部あなたの手の中に。

 

 

 

 

わたしたちは、

思考があるから

人間なんだ…

 

 

 

さて…

本日はセンター試験。

ヒトコトにセンター試験と言いましても…国公立大学を目指していた高校生にとって、その親御さんにとっても、色々な想いを抱え、迎えられた朝だったことだと思います。

私自身、見守ることしか出来ない苦痛を、イロイロイロイロ抱え、時にかなりきつい【毒舌】をグッとおさえまくり、めちゃめちゃ我慢しながら過ごしました。

 

 

 

もっとやれや!

今やらんといつやるん!

本気だせや!

あなたの人生でしょうが!

 

 

一生懸命、他人がやってる漫才。

一生懸命、他人がやってるスポーツ。

一生懸命、他人が歌ってる歌手。

 

頑張れー!

もう頑張ってはるわ!

お前が一番

本気で人生を生きなさいよ!

目ギラギラさせて、

なんかつかみなさいよ!

ぼやぼやしてんと

主人公になりなさいよ!

 

当の本人は知らないでしょうが…

全部飲み込んだ…

 

 

 

 

本人にしか分からん。

本人が分かっている。

どこに手を伸ばして良いのか

どこに手を伸ばしたいのか…

まだ見えずに…

 

 

 

みんながみんな

あなたと同じじゃないんだから…

 

 

 

 

 

そうねそうね。そうかもね…

でも…

 

 

 

ならば、探せや!

本気で毎日探せや!

 

 

 

でも…

そこには、思い通りにならぬ、

息子への期待があるからこその、

大きなストレス。

 

 

 

愛してるから

あなたを思うゆえに…

 

 

そんなこと

あの子にとっちゃ

ただただ

重くうっとおしいのさ…

 

 

 

好きにしたらいいさ

好きに生きたらいいさ。

 

 

 

ユーチューブみて

ゲームして

遊びに行って…

 

 

所詮、親子でも、

他人の人生なのだから…

 

 

 

 

 

 

玄関先で受験票を忘れて、

バタバタと切りながらカバンにいれて…

しばらくすると時計を忘れたと家に取りに戻り…

ギリギリセーフで電車に乗り…

 

 

あげくの果て…

 

 

 

「センター試験、楽しみや!」

と言って出かけた。

 

 

 

 

 

たのしみ…

 

凍り付く私。

それはなにかの、マジナイか…

 

 

 

やれやれ…

どうなることやら…

 

 

もう、

天に任せるほかない…

 

 

 

 

検討を祈る。

 

 

 

 

心では楽しもうというスタンスが失われていても、

前向きな言葉を発するのは、

何をする時にも、とても効果があるようですね…

 

 

 

気持ちを入れ替えるのは、

時にとても難しいけれど、

まずはあなたのコトバだけでも

変えることが出来たら

また違う空が

見られるのかもしれません…

 

 

 

わたしはそんな風に思います。

おすすめの記事