ポジティブの悪魔

婚活にもココロナマサプリkana(*^_^*)


最近…とても素敵な方が
続いてお越しくださっております。

ハロウィン効果でしょうか???

(^_-)-☆



「人様に、どの様に思われているのかな…」






それを第三者として
少し離れて見る事は、
とても難しいことです。

私は、どちらかと言うと
あまり気にしない方が
良いと思っています。




「自分がどうありたいか」
を放り出してしまう程

「他人にどう思われたいか」
に焦点を当てて、生きてしまう。


そうしたら…


自分自身の人生も、
自分の人格そのものすら
見失う事に
なりかねないからです。


他人の望む人生。


正確に言うなら


他人は、望んでいるんだろうな…


な人生を、生きてしまいます。


それなら、
まだ嫌われる事に
なった方がマシです。


アドラー心理学ですね。


だからと言って…


常に自分の思い通りにしたい。
自分さえ良ければそれで良い。
かと言うと、それはそれで、
誤解が生じます。


だって、あなたもわたしも
他人に迷惑をかけてまで
自分の思い通りに、
ただワガママに生きたいとは
思ってないからです。


結果、嫌われても仕方はないけれど
嫌われたい訳でもない訳です。


ありのままで生きながら
その姿を愛してもらえたら
ずっと幸せなことです。


本当はそれを望んでいるのです。




言葉って
難しいですね。



私は、自分が他人の事を
そこまで気にしているとは
思っていませんでした。


他人に対して、
そこまで求めているとは
気づきませんでした。


でも…
そこには気になる分野
気にならぬ分野
があったんですね。


周りの友達よりは
店員さんの接客に
何とも思わない。

という事を知りました。


けれど…


そばにいる人の生き方に対して
非常に厳しい目で、見ている所があると
気がつきました。


それって
自分にも=常にジャッジしてしまっている。
ということです。


「どうして、今この時に、ありがとうを言えないのじゃろ?」
「なぜに、そんなにネガティブにしか受け取れないのじゃろ?」
「なぜ、今そこにある、幸せに気づけぬのだじゃろ…」
「なぜ、感謝出来ないのじゃろ?」
「なぜ、文句ばかり言うのじゃろか?」
「なぜ、そんなに否定的なのじゃろう?」
「なぜ、そんなに拒絶するのじゃろ」
「なぜ、そんな事、言ったのじゃろ?」
「なぜ、優しく出来ないじゃろ?」
「なぜ、そんなに心狭いのじゃろ?」
「なぜ、このタイミングで謝らんのじゃろ?」
「そこにあるじゃろうが、幸せが」
「なんで見んのじゃ、そこにあるのに。ほれ見てみなされ」
「わざと不幸を選んどるじゃろ」



人は幸せになるべきだ。
人は誰でも、

すぐ幸せになれるじゃろ。


そんな想いの
押しつけが
自分にも他人にも
強過ぎたのですね。


もっとこうすりゃいいのにさ…

って、他人ばかりか自分にも、
これは…まさに…


ポジティブの悪魔じゃろ。



他人に押し付けられても
幸せになどなれぬのじゃ。

あなたも私もね、不幸に生きたいならば、
今のそのままに生きる権利もありますよ。

あなたも私もね、幸せになりたいならば、
今この時からでも、幸せになれますよ。


どれも自由なのじゃよ。実際のところ。


★Ring the Bell Counseling room★

おすすめの記事