婚活のプロ(14年目)おじさんは嫌やねんー!と言う、おばさん達よ。幸せになってケロ

はっきり言ってね、わたしは40歳を過ぎておりますが、実際40代をおばさんではないとは、言い切れません。

カメラの性能が良くなり過ぎて、写したくないモノまで写り始めました。

そして、アプリが出来ました。

私たちは、イヤ私は、アプリの自分でありたいと思いました。何度も何度も修正したり、小さな頃になりたかった「ウサギになる!」って夢さえ叶いました。

アプリは全てのシワを消し、本当の自分を消しました。でも、私はアプリを通さない顔面をいつもは、くっつけて歩いています。デートに行くのも、アプリなしの顔です。

お世辞にお姉さんと言ってもらえたとしても、40代は、れっきとしたおばさんです。

いくつになっても若くいたい女心は、痛い程理解しています。おばさんだと思いたくないのも分かります。

でも、アプリでなく、今一度普通のレンズで、化粧なしの自分を撮影してください。それはもう、その肌をさらし、一生懸命生きた、そんな自分の本当の姿です。

「わたしファンデーションぬってないねーん」言ったって、10代20代や30代前半の子のお肌を、間近で見た時、目眩すら覚えます。光や角度1つで、自分の肌に絶望します。

でも、このお顔で今日まで、生きてまいりました。なので、このお顔を愛しいと思ってあげましょう。それが自分を、本当の自分を愛する事です。

女優さんでも人前にさらす時には修正もする。
だから、SNSには少しでも若く、美しく見せてのせることは、とても大切です。

あまりSNSを、やってない女性の方が、結婚が決まるそうですが…そこはさておき…

ともかく、私が言いたいのは、調子に乗るは良いけれど、気持ちも理解するけれど、大きな声で「おじさんやーん!」と相手の事を言ったら、口が、まがってしまいますよ。って話です。

肌は衰えたとて、歳を重ねて、ココロは綺麗になっていきたいのです…コトバも気にして綺麗にしてゆきたいと思います。なかなかにそう言う私、時にズバリの毒舌は人のココロを直撃しておりますが…

あなたの時間を好きに使うも自由ですが、一緒に過ごしているのなら、その相手にとっても大切な時間で、そして、時間は命です。命を使っているのです。

大きな声で激しく笑い、色気も何もない程に酔い、一緒に居る人のみならず、外ならば、そこにいる人にとっての時間までも汚し、他人にとってもすごく大切な時間かもしれないのにも関わらず、傍目を気にせず迷惑をかけることを、自分に良しとしては、やっぱり私は歳を重ねた大人として、美しくないと思います。

あげく私は、それでその人が本当の幸せで、満たされた時を送れるとは、とても思えないのです。なぜなら、満たされた人が満たされた時を過ごし、満たされた時をまた呼び、満たされた人を、また呼ぶのです。

人の価値は、おじさんとかおばさんとか、肌とか、若く見えるとか、美しいとか、そんな所にありません。持ち物とか車とか、そんな物でも比べられません。髪があるとかないとか、背が高いとか低いとか、そこには全くないのです。

私よりも特別な人間はいません。
そして
私よりも特別でない人間もいないのです。
どの人も、どの様に見える人も、
確実に特別な人間なのです。

おじさんはおばさんと歩いています。
おばさんはおじさんと歩くのです。

だけど、あたたかく幸せなキモチになれたなら、その人と居るだけで、ホッとするのなら、意地をはらずに落ち着いて話しが出来るなら、やれデートがどうとか、こうとか幼稚な感覚を捨て、素敵な大人になりたいと願うのです。

その先に当たり前の、満たされた時が待っているのです。

 

おすすめの記事