お幸せに、なりたくないのか?婚活のプロ(14年目)

幸せになりたくないのだろうか…



いやいや、
そんな人はいないよ。




自分で幸せにならないと
決めているのだろうか…





そんな訳もないさ。



きっと、心が重くて
それどころじゃないのだろう。

それどころじゃない人ほど
きっと、もっと
心軽くなってほしいのに
それどころじゃない人ほど




そこにあるでしょ
そんな、幸せに気づいて
満たされて欲しいのに…




励ましても
励ましても
その声は切なくも
どこかに消えてゆく…



人を救う事など出来ぬ
出来るのは
ただただ、
伝えることを
繰り返すだけ。



あなただって
満たされているのだと。

気づくか気づけないか
それだけなのだと。





上手くいかないモノゴトを
重く重く受け取って
突き詰めて、
もっともっと
重く暗く受け止めて
また、悪い事を生む。


大切大切に
傷ついた事だけ
引っ張り出して
いつまでも
自分で傷つき
続けようとする。


終わった恋など
何の役にも立たぬこと

未練など
何の役にも立たぬこと
私は、知っている。




それでさ、
次の恋に具体的に
活かすなら良いけれど
そうでもない。


せっかくの出会い
なのに…



だって、結局
『どうせ上手くいかない現実』



それを待っている。
心のどこかで…



そして言うの
『ほらね、そんなに上手く
 いくはずないと思っていたのよ』




後で転ぶ事
先に未来予測して
予言して
自己暗示して




それは、何より強く
自分の未来を作ってるのに。



過去を
いつまで
繰り返す?

同じ場所に
何度帰る?

何より強い
自分発信。




落ち込んだり
泣いたり
自分を責めたりするのは
確かに仕方ないけれど


でも言えることは
そうしても…
完全に無駄なのです。


やるべきことは
次の人に備えて
今よりずっと、


綺麗になること。
元気になること。
満たされること。



コトバも
雰囲気も
ココロも


出来る限り素敵に
生まれ変わること。

あなたなら出来るでしょ☆


恋するごとに
わたしたちは
生まれ変われる。



そして…
今までなんて
比べものにならないぐらい
生きてきた中で一番の
素敵な恋をするの。


わたしは
知っている。


愛おしい人の
その頬に
その髪に
触れられる
そのことだけでも
幸せなことなのだと…


今、どうしても
そんなに愛おしくても
叶わぬ願いだとしたなら…
きっと次の恋では
その幸せを
もっと強く感じられるでしょ。
もっと深く感謝出来るでしょ。


その為に
今は苦しいのよ。
次の恋の為だけに
今の苦しみはあるの。

次にもっともっと
幸せになる為に…






先日は、奥さまがお亡くなりになり
そして、娘さんを1人で育てられた男性の
ココロを少し見た。

その娘さんが家を出てゆくことになり
こらえようとする、その気持ちが
耐えきれず、抑えきれず、涙となった。




私は、なすすべもなく、
私は、涙も流すことも出来ず、
ただただ、その方の
心の痛みに、
ほんの少しだけ寄り添い、
ただただ、心の平穏を
願うしかなかった。


とても慕っていた
心の支えだった
お姉さんを亡くされた方も
おられた。


大切に思える人が
いたのだ…
それだけきっと
亡くす前は
とても幸せだったのだ。



当たり前にあるものなど
本当は何ひとつないのです。




私は
いつも

『嬉しい楽しい幸せ』
それを集めて
その為に生きている。

いつもそれに
フォーカスして生きてる。

最近の私は
ただ星空の下で
なぜか愛犬と一緒に
ニコニコしている。



でも…
なんだか言葉にすると
途端に嘘くさいから
あんまり言わない。


心の中では
感謝して
感謝しまくって
ありがたい
ありがたい
ごくらく
ごくらく
言ってるけれど
あまり口には出さない。



と言うのも…
いちいち言葉にして
言う人って…
なぜか
うさんくささを感じるの…


それは、
なぜか知らんが…





だけど…
苦しむ人には
気づいて欲しくて
私は伝える。


その手の中に
幸せはいつもあるのだと。


今すぐ幸せになっても
良いのだと。




満足して欲しい。
その手の中に既にある幸せを
十分に受け取って欲しい。

満たされていて
その心に余裕があれば
人は魅力を感じる…


思い通りにいかないことも
嫌な事もあるさ
でも、それはきっと
自分に課せられたミッション。


わたしたちは
見えぬけれど
確かにあると知っている
このココロに

振り回されるも
振り回されぬも
結局自分次第なのだから…


心が感じる事で
あなたの大切な人生を
支配されるでない。

おすすめの記事