婚活のプロ(14年目)ふと、小泉進次郎さんを思う…


こちらは無料画像にて、小泉さんではございません。

先日、ふとした時に、
小泉進次郎さんの動画を目にしました。




滝沢クリステルさんと結婚した?する?
あの小泉さんの方です。

ポケーっと聞いていて、
フト思ったんですよね。


私は、選挙には興味はありません。
無責任と感じられる方もおられるでしょうが…
正直、どうだ!こうだ!とか…
全く、興味がないのです。



そんな私がポケーっと聞いていて
フト思ったんです。




この人には、どんな葛藤があったろう。
この人にも、劣等感はあったのだろうか…


初めての選挙。28歳。
街頭演説では、本当に色々な想いを抱えて…
握手をしてもらえない。

名刺を受取ってもらえない
名刺を破られる。

マスコミも自民党大敗、民主党政権誕生。
本格的な二大政党制、政権交代が当たり前の時代へ
という空気。

その作られた空気の中で生きていくためには、
生き残っていくためには、生き抜くためには、
そして自分の思いを正確に伝えるためには
どうすればいいのかということを、
徹底的に考えざるを得なかった。


『とにかく自民党は嫌い』




余裕のある道なのに、
わざわざ演説している足を
踏みに来た人もいた。

小泉進次郎さんの中では絶対に忘れない
初めての街頭演説・選挙。

ペットボトルを、投げつけられた事もあった。
恨みはないが、今もその銘柄は絶対に買わない。

と言って笑っておられた。


知らぬ人に、ペットボトルを投げつけられて
それでも、その笑顔になるまで、
どうやって消化してきたのかな…




マスコミには何を言っても結局最後は
作られたシナリオの方に報じられてしまう

なんで、これだけ話を聞いてもらえないのだろうか。
自分って本当に政治の世界を目指して良かったのだろうか…
と悩まれたようです。


苦しかった。


街中に出るのが本当に怖かった。





そんな28歳。





でも、政治家になると決めたのは自分。





親が総理大臣。
それも、印象深い、コトバに力があり
バラエティー豊かで魅力があって…
あの小泉総理。


選挙の事も政治の事も
全く分からないし、
党が何たるかも知らず
そして、知りたくもなく
興味が全くなくても
あの小泉総理の笑顔は、
何となくでも、好意を持ったし
今も覚えている。



そんな家庭で育って。
そんな親を持って育って。
どんなにお父さんが素晴らしく愛情をかけて、
どんなに素晴らしい子育てをしたとて、



本人、小泉進次郎さんは
何を感じて、何を乗り越えて
進んで来たのでしょうか…
そして、進んでいるのでしょうか…



親も政治家なら
嫌みも絶えず言われて来たでしょう…



どうしたら、誰も聞いてくれない
自分の演説を、聞いてもらえるかと考えた。


世の中にいる
『自分は話すのが苦手』
『自分は話せない』
それは、あまり話さなくても
生きていける場所にいるからだと
おっしゃっていた。


『話さなくては生きてゆけない』
『聞いてもらえなければ、続けてゆけない』



だから、自分を直視した。



何度も演説を録音して聞いた。



自分の演説を録音し聞いたら
寝る前に聞いていると、寝てしまう。

いかに早口で、一文は長くて
言葉に抑揚がないのかを
知ったそうです。


そして改善していったそうです。



そうして、一歩一歩。
28歳から歩いてきた道は、
どんなだったのだろう。


自分の咲くべき所で咲いて…
敵も味方も作りながら…




どの人も、その一面から見たら
それだけかもしれない。

気に入らない人。
気に入らない理由。
あるかもしれない。



でも、誰もが、
その場所で咲く為に
自分が出来るその事を、
一生懸命しているのだと思う。



今、あなたも私も出来る事は、
ほんのちっぽけかもしれない。



でも、今出来ること
それだけを
めい一杯考えて、
選んで、決めて
そして進んでゆく。



誰かと比べて
ねたんだり、最もらしく批判したり、
地域や国で差別したり、
正しい事を主張ばかりしたり、
そうする暇があるのなら…


お見合いでは
『話が苦手』
言っていないで、
自分のこと、
今一度、直視してみませんか?

『はじめての男の婚活入門』
一度参考に読んでみて欲しいと
とても参考になるとお伝えしても


本当にすぐに買って、
読んで、自分に少しでも
取り入れようとする人から


『はぁ』
って返事…
いまひとつ響かない方もおられます。


どうやったっていい。
結局最後はその人の人生だから。



良いも悪いもないのです。




他人がどうであれ、
咲ける場所で咲きたいと
そんな風に思った私でした。

Follow me!

Ring the Bellへようこそ

結婚相談所を始めて14年目になりました。五十嵐は正直なご説明しか出来ません。強引な勧誘等一切致しません。無料個別説明にて、あなたの目でお確かめ下さい。

結婚は人生の大切な選択です。
決まるまで私と歩む結婚相談所で
あなたを待ってる人がいます。
Ring the Bell 代表五十嵐