婚活のプロ(14年目)確実に催眠術をかける。

心理カウンセラープロコースにて、
定休日の先日「催眠術」の授業。

私が最もおそれていた、
その日がやってまいりました。

「絶対無理…」
「絶対かからない…」
「のに、他人にかけられるはずもない。」

「いやだー!」
「ムリだー!」
「たちけてくださーい!」
ということで…

「サボってデートしたい!」
 そんなダメダメな私に
 常に冷静なパートナーは言う。
「そりゃ、行かないとダメでしょ」

「なんでやねん!」
言いながらも…
しぶしぶ、送ってもらって…

前に見たのです。
その催眠術は基礎講座にて。

でも…
おそろしさ
しかなかった。

催眠はこわい上に
実のところ…
なぜなのか…

私は他人を触れるのも
他人に触れられるのも苦手。

なのです。

なのに、他人を抱き抱えたり
でかい声で怒鳴って、催眠をかけるなど…

引く…
ドン引き…
しかないのだ…

可愛げもないし…
(何を求めておるのだろうか…)

なのに、本日自由席と知るなり、
一番前に座る。

約1時間 練習

手ほどきを受ける。

抱え方
倒し方
セリフ
コトバの調子
などなど…

背格好が同じ位の方と
ペアになるとのことで

なんとまぁ…

勝手にナニゲに信頼していた女の子が
ペアになってくれる事に。

ちょっと
ちょっとだけ
ちょっとですけどね
安心。

でも…
一歩間違えば
大けがさせたり
一歩間違えられたら
大けがさせられたり
する事もあるので…

ともかく
超真剣。
でしかない…

2人で何度も何度も
催眠術をかける為の
練習を繰り返す。

私は、不器用だけれど
案外、彼女も不器用なのか…
どっこいどっこいの2人。

逆に気が楽になる私。
(どういう性格なんだ!)

という事で、
10名のグループを作って
催眠かける
催眠かけられた人
倒れる
全員で椅子まで運ぶ。

という
まぁまぁに
大騒ぎだけれど
みんな真剣。

だって、怪我させたら
ダメだから。

「はい。手が開きません」
「はい。くるくる回りはじめます」
「はい。水が林檎ジュースになります」
とかなら、ぽけーっとかけてもらえるものの
催眠術は実のところ
かかった事が一度もなかった私。

一体何を信じよう。

私も、相方も
おそらく他の方より
自信がなく、
茫然とメンバーの様子を見つめた。

私は…

自分の番がやって来た時
覚悟を決めた。

「やるしかない!かけてやる!」

かけなければ、
痛い思いをさせてしまう。
全力でぶつかるしか
もう後はないのだ…
自分だけ、逃げられないのだ…

私は、催眠術をかけた。
彼女を抱きかかえ
そして、大きな声で叫んだ!

彼女はかたくなっていた。
それは、とてもよく分かった。

確実に大丈夫だと
頭と足だけに椅子を置き。
鉄の様に堅くなった
彼女の体に乗った。

こわかった。
興奮した。

「出来たよ!自分が!」
「やれば出来るよ!私」
「やっぱり!やれば出来る子」

ナニゲに疲れ切った私に
彼女が、催眠術をかけてくれた。

「絶対かかろう!
 もっとグルグル本気で首をまわそう!
 でないと痛いの、嫌だから!」

あんなに、不安定だった練習が嘘の様に
彼女はスムーズに、催眠術をかけてくれた。

意識はずっとあって、
そして、体が鉄の様にかたくなった
それが、自分でも分かった。
彼女が乗っても、今なら絶対大丈夫だと
それが確かに感じられるぐらいに。

彼女も感動して
私も感動して
お互いにお礼を言った。


私は、未知過ぎる世界に突入し
あげくの果てに、
絶対にムリだと思っていた事を
やりとげて、ともかく、クタクタになった。


でも…

それと同時に思った。

私たちは、どれだけ
多くの「思い込み」に
支配されているのかと。



この歳で、催眠術をかけることが出来るなんて、
とても信じられなかった。

仕事、お金、恋愛、家族、友達、
その全てで、私たちは、いつも
ただの「思い込みの中」を
生きているだけかもしれないと
そんな風に思ってしまった
考えさせられる一日でした。




あなたは愛を、
ちゃんと受け取る
準備は出来ていますか?

受け取れるのは
受け取れると
信じた者のもとに…


私も常に勉強中です。
ひとりひとりの
人間の中の奥は深いと
感じる今日この頃です。



「私は絶対に催眠術などかからない!」
そんな方は、かからないという自己暗示を
ご自身にかけておられるそうです。

自己暗示の力は強いのです。

だから、ナニゲに発する
その言葉が、ネガティブならば、
催眠術に関わらず
あなたは自己暗示をかけてしまうのです。

「運がない」
「土壇場に弱い」
「どうせこれぐらい」
「結婚は大変」
「結婚は面倒」
「介護は大変」
「こうなったらどうしよう…」
「どうせ私なんて…」
「これだけやって、上手くいかないなら
上手くいくはずがない」
「ここで、出会えるはずがない」
「こんな出会いで、出会いたくない」
「変な人しかいない」
「結婚出来なかったらどうしよう…」
「お金がない」
「時間がない」
「人生が楽しくない」
「絶対うまくいかない」
「仕事は大変なもの」

その全てが
その通りに自分で自分に
常に自己暗示。

その力は
催眠術よりも
強いようですよ。

催眠より
何よりもあなたの力を
信じて…

(^_-)-☆


Follow me!

Ring the Bellへようこそ

結婚相談所を始めて14年目になります。奈良県の奈良市と橿原市にサロンがあります。大阪、京都、東京まで広範囲で対応可能。転勤があっても続けられます。結婚相談所のシステム、無料説明にて、あなたの目でお確かめ下さい。

結婚は人生の大切な選択です。
決まるまで私と歩む結婚相談所で
あなたを待ってる人がいます。
    Ring the Bell 代表五十嵐