婚活のプロ(14年目)の姑

私は、今まで2度結婚したので
2人の方に姑に
なっていただきました。

ひとりは
世話好きな人

ひとりは
大らかな人

でした。



心理カウンセラーの授業では
結婚したら、お相手の家族に
定期的に連絡を取ったりして
心遣いに気をつけたら
色々とみんなが良いですよ。

と教えてもらいました。


みんなのお話しを聞いていると
嫌いだけれど、連絡を取ったり
自分だけでも、顔を見せに行っている
という方もおられれば

近くまで行っていながら
旦那だけ実家に帰ってもらい
子供と自分とスーパーで待っていて
私はなんて事をしていたんだ…
と反省する方もおられ

と思えば
最後の看病の時に
どこか気持ち悪い所はないかと
体をなでていたら
あちこち言ってくれて
気丈だった姑が
自分を頼ってくれた事が
嬉しかったと
おっしゃっておられた方も
おられました。




夫婦としても初心者の
若者にとって
姑への心遣いまで
心に余裕がないし
難しいのかもしれないと思います。

赤ちゃんが出来たら
なおのことでしょう…


息子も自立して
息子の幸せを
心から願っていたら
連絡などあまりしない方が良いと
母親の方も遠慮したりもしますね。


嫁側の母親の方が
連絡しやすかったり…
昔とは変わってきましたね。



姑さんも ひとりの人間です。
どんな素質も持っている。
相手が変われば又変わる。

私は実の母親との距離を
普通と思って生きてきたので
(みんなそうだと思いますが…)

あなたはあなた
わたしはわたし
って感じね。


なので…
超過保護な姑さんには
びっくりしたものの
息子への深い愛を感じました。

かなり引いてもいましたが
珍しくて心地よさまで
感じた部分もありました。

一緒に暮らしていた時もあったので


キュウリはこの様に切りなさい。
全自動は洗えてない気がして…
再度こちらの二層式で洗います。
ゴミは捨てても、戻ってきます。
この味噌がこの子は好きなのー!


びっくりなネタも一杯ですが
どうも憎めない姑さんでした。



お姉さんがいたのですが
結婚されても、
毎日母娘で電話していて、
「すごいなぁーこれが母の愛なのか!」
と思いました。

私自身も
すぐに子供が出来たのもあって
すごく理解が出来ました。

(まぁ…そりゃ…こんなに手塩にかけて育ててたら、こうなるわな…)
って感じです。

素敵で綺麗なお姉さんで
「鼻の汚れは絶対に、
絞り出したらダメだよ
えらいことになるから!」
と真剣に教えてくれたのが
なぜかとても印象的でした。

私は
「絶対絞りません!」
って心に誓いました。

ナンジャコリャ(笑)
((+_+))


もうひとりの
大らかな姑さんは
連れ子のいる私を、
否定も拒絶も質問も
することなく、
笑顔で受け入れてくれました。


妹も2人いたのですが
兄弟みんなとても仲が良く、
おばあちゃんも含め
嫌みのひとつも言わない
心の癒される素敵な家族でした。

仕事の調整をして、子供をあずかってくれたり
長男もとても可愛がってもらいました。



結局、私からは理由もないのに
連絡する事もなかったし
何にも出来なかったなぁ…

と今は思います。



19歳や25歳の頃のこと。




どの様にされているのかなぁ…
元気で幸せで暮らしてくださっていたら
嬉しいなと思います。





理由もなく電話したり
理由もなく訪問したり
なかなか遠慮してしまって

自分の息子や孫さえ
顔見れたら嬉しいでしょうよ。
って思ってしまったりもするけれど


それもまた
お姑さんしだい
なのかもしれないですね…



結婚は
面倒な事が増えると言います。



でも…
私は素敵な事が
増えると思いたいです。




大切にしたい人が
増える事は
それだけ
本当は喜ばしい事です。




何か怒っている姑でも
何か意地悪な姑でも
何かきつい姑でも


息子を奪われた気持ちでいる。


そこには
「息子にいつまでも、
  愛して欲しい母」
がいるだけかもしれません。



イライラ
ムシャクシャ
鼻につくのは
何のせい?誰のせい?




わたしたちは
愛し合う為に
うまれてきました。

わたしたちは
分かち合う為に
うまれてきました。

わたしたちは
幸せになる為に
うまれてきました。





息子の大切な人は
自分の大切な人。

恋人の大切な人は
自分の大切な人。




結婚したら…
描ける?

あなたは、
どんな未来を描く?

行ける人はいける
行けない人はいけない。

「どうせ…」
「綺麗ごと…」

自分で描けぬ
幸せな未来など
行けるはずがない。

あなたが
想像できる範囲の
未来しか
生きられるはずがない。


ムリかどうかは
関係ない。
今をどう生きるのか。
今をどう過ごすのか。




たったそれだけで
人生は出来ている。



あなたは
どこに行きたいですか?
(^_-)-☆

おすすめの記事