お礼にお礼の必要はない。

「ご飯をご馳走になったから」
「何かいただいたから」と言って
いちいちお返しばかり考える人もいますが
それはそれで、気が済まないのでしょうが…

私は、お返しをしない方が
良いと思います。

ご馳走したい時
何か贈り物をしたい時
その人は
既にその方に、目に見えぬ何かを
色々いただいているから
したいと思われたのです。

それは、一緒にいて楽しい☆
だとか
いつも頑張っている姿を
見ているだけで、応援したくなる。
とか
ただただ可愛いから
笑顔が見たい。
とか

何か返して欲しくて
ご馳走したりプレゼントしたり
している訳ではないのです。

だから、
それに何かをいちいち返したら
相手も一体何をしているのか
よく分からなくなります。

おばちゃんが、おしあいへしあい
私が払う!とやっているのと少し似ています。

時と場合によりますが
ただただ、してもらったからと
お返しを考えるのは
その人の気持ちを心から
「ありがとう」
って、
受け取れていない事にもなります。

デートでもデートでなくても
「お金持ってるんやから、出してくれて当たり前」
「稼いでるんやから良いやろ」
とかね、言う人もいますが…
あれも少し違うと思います。

お金持っていても、誰にでもどこででも
使いたい訳ではないし、出すべき時に出したいのです。

あるから出して、当たり前
でもないのです。

例え一万円だって、
どんなお金持ちでも
誰にとっても、
捨てるお金は一銭もありません。

出来れば大切な人の為とか
出来れば家族の為とか
出来れば自分の為とか
何でも使い道はそこで使わなくとも
無限にある訳です。

そんな中で、この人にご馳走したいな。
と思えない人には、
お金があっても、そこで出したくはないし
ご馳走してあげたいな
と思わせてくれる人には
笑顔で「ありがとう」って言って
喜んで欲しいだけなのです。

女性が男性にご馳走してもらった時も同じ。
相手は喜んで欲しいとは、
思ってくださっているけれど
お返しなど願っていないのです。

「ありがとう」
と思うこと。
そしてもう
「ありがとう」
をあげてもいること。

当たり前のものなど
何もないこと。

ちゃんと理解して
「ありがとう」
を受け取って
「ありがとう」
を伝えられたら良いですね。

Follow me!

Ring the Bellへようこそ

結婚相談所を始めて14年目になりました。結婚は人生の大切な選択です。プライバシーを厳守・強引な勧誘は一切ございません。Ring the Bell 代表五十嵐