「私なら…」を捨てること

いつの時もね
「自分なら…」
っていうのはね
大事な事ではありません

お相手を
「自分なら…」

大事な人には こんな態度はとらない
好きな人に こんなことしない
興味のある人に こんなこと言わない

自分視点の
「自分なら…」

全く意味がないのです

お相手の生い立ちを
知っておられますか?

どんな人に育てられ
どんな友達と
そして恋人と…
そんな環境で…

何に笑い
何を恐れ
何に痛み

生きてきたのか
そして
今も生きているのか…

パッと見
笑顔の後ろ側

相手の事を
知っていますか?

何も知らない相手の
「私なら…」
それは
意味がないのです

もっと知りたいと
思う気持ちが
恋なのです

そこで咲いているだけの
一輪のバラに
私たちは
ココロを奪われ
喜んでいる

のに

大切な人が
何かしてくれないと
許せないのです

大好きな人が
自分の求める
「何か」をくれないと
ココロを曇らせるのです

相手がそこで
生きているだけで
それだけで

きっと とても素晴らしく
もっともっと 喜んでも
もっともっと 感動しても
良いはずなのに…

本当に 愛する
こととは…
きっと
そういうことだと
思うのです。

(^_-)-☆

私たちは

目も見えず
耳も聞こえず
声も出せず
何も食べられず

3日そういう日が
続いてみれば…

「何もない…」そう嘆く
このたった一日も
どんなに幸せなことか
思い知るでしょう

「思うようにいかない」
「自分は不幸だ」

そう思い込んでいた
自分を恥じるでしょう

自分の視点だけで
「わたしなら…」
そんな風に 生き続ける
ということは…

あなたがあなたを
誰よりも 不幸だと
いちいち 感じ続け
いちいち 苦しみ続ける

「足りない」「足りない」
嘆き続け
満たされることなど
永遠にない

そんな人生を
送るしかなくなる
ことだと
私は思うのです


忙しい人ほど結婚相談所でお見合いを☆
Ring the Bell-リングザベル-縁むすび
無料相談お待ちしております(^_-)-☆

奈良の結婚相談所-リングザベル-

↓結婚相談所Ring the Bellの詳しいご説明
入会希望者・無料カウンセリング お気軽に予約はこちら

見たこともない結婚カウンセラーがユーチューバーになりました☆←コチラ

結婚相談所Ring the Bell 五十嵐が書いた[婚活参考書] 婚活疲れの姫たちに癒されて欲しい一冊です。

Amazonにて発売中→コチラ

o04800640132250176772_2 - コピー

おすすめの記事